デパスやアモバンより安全なルネスタジェネリック通販とは

デパスとアモバンとルネスタジェネリックなどの睡眠薬

ルネスタは現在病院で処方される睡眠薬として知られていて、非ベンゾジアゼピン系に分類されます。
現在主流となっているルネスタジェネリックは、個人輸入代行通販で購入できるのです。

従来のような高い効果がありながら、副作用を抑えることに成功した睡眠薬ルネスタの効果や副作用を知っておきましょう。

ルネスタを知ることで、従来の睡眠薬であるデパスやハルシオンの危険性のほか、同じ非ベンゾジアゼピン系のアモバンの処方も減ってきている理由がみえてきます。

個人輸入代行通販で買えるルネスタジェネリックの良さを知ると同時に、従来の睡眠薬の危険性を理解して正しく飲むことで安全な不眠症改善に役立てましょう。

ルネスタの効果や副作用を紹介します

ベンゾジアゼピン受容体(BZD受容体)が刺激されて、脳の興奮を抑える作用が働くようになります。
このときGABAという脳内の活動を抑制する神経物質が促進されて、緊張や不安の緩和につながるのです。

そして心身がリラックスすることで、自然な眠気を引き起こしやすくなります。

ルネスタの有効成分エスゾピクロンは、アモバンの有効成分ゾピクロンの改良版であり、半分の量でほぼ同じ効果が得られるのです。

病院処方でも用いられるアモバンよりも成分量が少ない分、副作用はあらわれにくいため安全性がより高い睡眠薬といえます。

ただしGABAの働きを促進して寝付きを良くする反面、ふらつきやめまい・倦怠感などを引き起こす可能性があることは理解しておきましょう。

デパスやハルシオン・アモバンの危険性

以前は個人輸入代行通販で買うことができたデパスやハルシオン・アモバンは、現在も病院処方では購入できますが、上限が30日分と制限されています。

しかし、有効成分のエチゾラム・トリアゾラム・ゾピクロンが向精神薬に指定されたことによって個人輸入の規制対象になったのです。

向精神薬に指定された物質ということは、過剰服用や乱用をすると高い危険性があるため、医師の指示に従って規定内量を、必ず正しい方法で服用してください。

これらは服用量や回数を誤ると、依存性も高い薬物となってしまうので処方薬であっても服用方法には十分に注意する必要があります。

ルネスタジェネリックの正しい飲み方

水が注がれているグラス
夜寝る前に1日1~2mgを飲んでください。30分~1時間前に水もしくはぬるま湯での服用を推奨しています。

成人の場合でも1日の最大摂取量は3mgなので、超えないよう注意しましょう。
そして高齢者の場合は1日1mgの服用、最大でも2mgは超えないようにしてください。

寝る前以外に飲むと効果を感じにくくなってしまうため、最大限の効果が得られるよう寝る前に飲んで、その後は安静にしましょう。

また飲み始めは副作用があらわれやすいともいわれているので、少量から始めることがおすすめです。
効果があまりに弱ければ徐々に服用量を増やすなど調整して、自分に丁度良い量の睡眠薬を利用しましょう。

そして止めるときには、少しずつ量を減らすことで依存症のリスクも低くなり、スムーズに睡眠薬の服用を止められます。

ルネスタジェネリック通販は個人輸入代行だけ!

ルネスタは病院処方でも高い効果と安全性がある理由から、幅広い睡眠障害に対して睡眠薬として用いられているのです。

しかしジェネリック品の取り扱いは日本国内の病院ではおこなわれていないため、ルネスタジェネリックを購入したい場合は個人輸入代行通販を利用するしかありません。

ルネスタジェネリック通販なら、高い効果のある睡眠薬を安い値段で買うことができるので金銭的にも使いやすいでしょう。

また病院へ通う交通費や手間もかからず、自分自身が欲しいと思ったとき簡単に買えます。ルネスタの特徴や注意点などを理解したうえで、不眠症改善のために通販を活用しましょう。