睡眠薬の副作用は強くて危険?薬物依存も怖い

水と薬とうなだれる女性

不眠症や睡眠障害を治したいけど、睡眠薬を飲むのは副作用や依存症が気になっているという人はいませんか。

特に睡眠薬は常用する必要があって、薬物依存に陥ってしまうイメージを持っている人も少なくありません。

しかし実は、現在の睡眠薬は副作用が抑えられていて依存性も従来に比べて低くなっていることが分かっています。

睡眠薬の副作用のいろいろ

眠気を引き起こす効果を持っている睡眠薬ですが、眠気が副作用になってしまうこともあるのです。

それは早く飲み過ぎて就寝のタイミングとは違うときに眠気を引き起こす場合と、翌日まで作用が残ってしまう場合を指します。

翌日まで効果が残ってしまうことを作用の持ち越しといい、仕事や家事に支障をきたしてしまうのです。
また、ふらつきや物忘れ・めまい・頭痛といった症状を引き起こす可能性があります。

そしてアルコールやカフェインとの相性は悪く、副作用を増長させたり効果を半減させる恐れがあるので注意しましょう。
こうした副作用を強めないためにも、過剰服用は避けてください。

睡眠薬の依存性と薬物依存

人差し指を立てて注意を促している女性の手
現在、流通している睡眠薬は成分量を抑えながらも、効果の高い有効成分が用いられるようになったことで、依存性が低くなってきているといえます。

しかし不眠治療の長期化によって常用する場合は、依存性が高まるでしょう。

同時に作用時間が短い睡眠薬についても、毎日の服用が必要になることが多いので依存性は比較的高いことが分かっています。

また急に服用量を減らしたり、終了・中止することで離脱症状を引き起こす可能性があるのです。

症状が改善していたにも関わらず、薬の服用を止めたら不眠が悪化や体調不良などが起こり再度服用したら改善されるという場合には、睡眠薬の薬物依存に陥っている可能性があります。

睡眠薬の安全性は高くなっている

有効成分なども少量で高い効果があることで依存性が低いとされる、睡眠薬も増えてきているため従来の睡眠薬とは違い、安全性は高くなってきているのです。

しかし中でも依存性が低いタイプの睡眠薬を選ぶことも大切といえます。
またなるべく少ない服用量かつ短期間で、睡眠薬の服用を終えられるようにすることも依存性を低くする方法のひとつです。

そして慢性的な不眠症や中途覚醒・早朝覚醒の場合は作用時間が長めの睡眠薬を選ぶことも常用を避けることになるので、結果的に依存性を低くする工夫につながるでしょう。

このように症状に合わせて、身体への負担を減らすことが副作用を抑えて依存性を低くすることにも影響します。