寝付きやすくするための睡眠薬の効果

ベッドでうつ伏せに寝る女性

睡眠薬には、眠気を誘発してくれたり睡眠のリズムを取り戻す効果があります。

その効果には、2通りの作用があることを知っていますか。それは脳の機能を低下させる作用と自然な眠気を引き起こす作用です。

これらは、睡眠に対してどのように働きかけてくれるのでしょうか。

脳の機能を低下させる作用をもつ睡眠薬

脳の機能を低下させる作用というのは、脳内の睡眠システムとも呼ばれるGABAという神経伝達物質の活動を促進させることで、神経細胞の興奮を抑制する働きを指しています。

有効成分によって、脳の神経細胞に直接働きかけるものから間接的にGABAの働きを促進させるものまでさまざまですが、医薬品として用いられるほど高い効果を持っているのです。

一過性の不眠に対しても効果は期待できますが、脳の活動に作用するということは身体への負担もかかるため、どうしても強い効果が必要になる慢性的な不眠症に対して利用することをおすすめします。

自然な眠気を引き起こす作用をもつ睡眠薬

作用が緩やかで負担が少ない
もう一方の自然な眠気を引き起こす作用については、本来の睡眠・覚醒リズムに関係する生理的な物質に働きかけることで脳内を睡眠状態に導く働きを指しています。

直接脳に働きかけるわけではないので、効果は比較的緩やかです。
私たちの睡眠に作用する物質であるメラトニンを促進させたり、覚醒に作用する物質であるオレキシンを抑制することによって、自然な眠気を引き起こします。

身体への負担も少ないことから使いやすいタイプですが、効果には個人差があるため慢性的な不眠症ではなく一過性の不眠に適しているでしょう。

睡眠薬より作用が弱めであることから、睡眠導入剤や睡眠改善薬と呼ばれる場合もあります。

作用が弱めの薬から効果を確かめよう

早く不眠を改善したい気持ちから作用が強い薬を選びがちですが、いきなり作用が強い薬から使用してしまうと、作用が弱めの薬では効果があらわれにくくなってしまいます。

また作用が強ければ翌日まで効果が続く可能性もありますが、それでは仕事などの予定に支障がでてしまうこともあるでしょう。

作用が弱めであれば、翌日まで影響する可能性も低くなるため安心して服用することができます。

ただ睡眠に対する効果が得られて、目覚めた後への影響を残さないように作用が弱めの薬から試してみると、身体への負担を抑えることにもつながるでしょう。

寝付きやすくするための睡眠薬の効果には違いがある、と知ったうえで自身が抱える不眠の悩みに適した作用をもつ睡眠薬を選ぶことが大切です。