ネットで簡単!睡眠薬を通販で買う方法

睡眠薬を通販で買う方法

なかなか寝付けない、夜中に目が覚めてしまうなど不眠に悩んでいる方に睡眠薬の通販をおすすめします。

これまで睡眠薬が欲しい時は、市販で作用が弱い睡眠改善薬を買うもしくは病院へ行って医薬品である睡眠薬を処方してもらう、というどちらかでした。

しかし現在はインターネットを利用して、通販で簡単に睡眠薬を買うことができるのです。

さまざまな原因で起きてしまう不眠症、またそれぞれの症状に適した睡眠薬はどのように買えるのか、通販の利用方法を紹介します。

多くの人が抱える不眠症の悩みとは

最近眠れないことがときどきあったと思ったら、しばらくして寝付きが悪くなったり眠れても夜中や朝方に目が覚めるなどの症状で悩んでいませんか。

実は日本人を対象に調査をした結果、5人に1人が「十分な睡眠での休養がとれていない」と回答するほど、不眠症は国民病になっているのです。(参照:厚生労働省

原因には、環境の変化なども影響する睡眠リズムの乱れやストレスのほか、アルコールや薬の影響・生活習慣病や精神疾患などさまざまなことがあります。

そして症状は入眠障害・中途覚醒・早朝覚醒・塾眠障害の4つに分類されていて、それぞれに適した睡眠薬は異なるので注意してください。

症状別 睡眠薬
入眠障害
  • 超短時間作用型(例:ルネスタ
  • 短時間作用型(例:リスミー)
中途覚醒
  • 中間作用型(例:サイレース)
  • 長時間作用型(例:ドラール)
早朝覚醒
  • 長時間作用型
塾眠障害 ※睡眠薬での治療は適さない

塾眠障害については、ほかの睡眠障害を伴っている場合が多いため少しの症状改善にはつながる可能性はあるが、根本的な対処法とはいえません。

熟眠につながるよう睡眠の質を高めつつ満足感を得るための方法として、他の睡眠障害同様に食事や運動を見直すなど生活習慣の改善が必要です。

不眠症の症状があっても数日や数週間程度であれば、市販の睡眠改善薬などで対処することもできるでしょう。
ただ1か月以上症状が続いてしまうと、倦怠感があったり意欲や集中力の低下などにもつながってしまうのです。

このような不眠症の悪化による日常生活への支障をきたさないためにも、1か月以上の不眠に悩まされている場合は高い効果を持っている睡眠薬の通販利用をおすすめします。

睡眠薬を通販で買うには個人輸入を選ぶ

医薬品である睡眠薬を買うには処方箋が必要ですが、個人輸入代行通販サイトの利用によって海外の医薬品を処方箋無しで簡単に購入できるのです。

つまり病院に行かなくても、医薬品の睡眠薬が手に入ります。

日本国内では、処方箋がなくて医薬品を買うことはできないなか、個人輸入代行通販サイトを利用することで問題は解消されるのです。

通販会社が購入者の注文と入金を確認したうえで、海外にある医薬品会社への注文や支払いを代わりに行うと、医薬品会社から直接購入者の指定住所へ商品が発送されるので、個人輸入(を)代行(してくれる)通販サイトといいます。

購入方法は、日本国内の通販サイトを利用する方法と同じで、欲しい商品をカートに入れて支払いをするだけです。
個人輸入代行通販を選ぶことで、医薬品の睡眠薬ルネスタやソナタバスパーなどのジェネリックを購入できます。

本物の睡眠薬を選ぶポイント

睡眠薬通販を利用する場合、市販薬以外なら海外の医薬品を購入することになるため、注文・支払いから到着まで1~2週間は必要です。

例えば注文から最短3日などで届いたら、注文後に海外から発送されている可能性はゼロに近いでしょう。
偽物を製造・販売している悪徳業者もしくは在庫を抱えていたり転売をおこなっている違法業者といえるので利用は控えてください。

また選べる支払い方法について、クレジットカード決済が可能であればカード会社によって実在していることが確認されているため、比較的信用性は高い通販サイトです。

さらに通販利用時に安さを求める方も多くいますが「安すぎる」場合は他サイトもいくつか比較して、購入予定の睡眠薬の相場を事前に確認しましょう。

そして「安すぎる」価格表示のサイト利用は避けて、相場の価格帯のなかでお得な睡眠薬を購入することをおすすめします。

ほかにも「メーカー正規品100%保証」とサイトの分かりやすい箇所に記載されていたり、注文・問い合わせ窓口の担当者と直接会話ができることもポイントです。

本来個人輸入代行通販の場合は前払いのみの対応でしたが、現在は決済も一時的に代行する業者も増えてきています。

個人輸入代行通販であるにも関わらず、後払いが可能なワケを聞いて違和感がない以外に、到着までの日数やカード決済のことなどもチェックして本物の睡眠薬が買える通販サイトを選びましょう。

Amazonや楽天で買えるのは市販薬だけ

通販で買えると知ったら「Amazonや楽天でも買えるかも」と期待をもつ人もいるかもしれませんが、もし販売があればそれは市販薬でしょう。

市販薬なら日本でも認可されているので、問題ありません。
しかし、医薬品である睡眠薬は処方箋なしで購入する(金銭のやりとりをする)ことは違法行為にあたってしまいます。

国内の通販で販売している睡眠薬が医薬品とされている場合は、偽物や転売商品である可能性が高いので利用をやめて絶対に服用しないでください。

倒れているケースとこぼれている錠剤
薬局で販売しているドリエルやネオデイなら、Amazonや楽天でも購入することはできます。

ただそれは、睡眠改善薬に分類される睡眠薬より作用が弱いタイプといえるので、初めて不眠症の治療をはじめる人には適しているでしょう。

このようにAmazonや楽天で買える睡眠薬は市販されている種類だけあり、医薬品のルネスタやソナタ・デパスの代替品のバスパーなどのジェネリックを購入することはできません。

睡眠薬通販で気軽に不眠症改善ができる!

市販の睡眠改善薬や睡眠導入剤などで、不眠症に対する効果が得られる場合は問題ありませんが、それではあまり効果が見られない場合は作用が強い医薬品の睡眠薬が必要です。

そんなとき睡眠薬は、個人輸入代行通販で購入することができます。
病院処方や市販のように時間を気にせず、必要な分の注文ができる通販は不眠症を改善するために一定期間治療を続ける点でも役立ってくれるのです。

通販なら薬代だけで済み、病院処方や市販薬よりもお得に買えるため不眠症で悩んでいる方は是非、睡眠薬通販を知っておいてください。